免許合宿と普通の教習所との違い

これから免許の取得を検討している時には、どの教習所に行こうかと思っているのではないでしょうか。最近は免許合宿などもよく見かけるので気になっているかもしれません。最終的に免許の取得はどちらでもできますが、それぞれの違いがありますので、どんな特徴があるのか比較しながら自分に合った学校を選びましょう。主な違いを挙げていくと、通う期間や必要な費用、そして通う際の交通費なども出るか出ないかは大きな違いとなるでしょう。教習内容自体は変わりありませんが、勉強をする環境としては変わってくるので、集中して学びたい時にも合宿に参加するというのはいいことです。どちらにもよさはありますので、しっかりと比較をした上できちんと学んで免許の取得に繋げていきましょう。

免許取得までの期間の違いは大きい

できれば誰もがなるべく早く免許の取得をしてしまいたいと思っています。けれども、一般的な通学での免許取得だと、約2~3ヶ月程度はかかってきます。これは自分の都合のよい日時を選ぶからですが、春や夏の休みなどの繁忙期となれば、学校の予約を取るのも一苦労です。免許合宿の場合には、2週間ほど学校側が用意した寮などの宿泊施設に泊り込んでみっちりと朝から晩まで学課を学んだり実際に自動車の運転をしたりするなどしてひたすら勉強をします。その為、少しでも早く免許を取得したいのであれば合宿二酸化するほうが集中して短期で取得ができますし、途中で飽きたりするようなこともありません。習熟度によっては追加で学ぶこともありますが、それでも通学よりはかなり早い期間で免許取得ができます。

気になる費用にも違いがあります

免許の取得には学費を支払う必要があります。元々オートマチック車限定かミッション車かどちらで取得するのかでも金額は違ってきていますが、それでもおおむね28~33万円前後ぐらいは通学の場合はかかってきます。免許合宿の場合は時期にもよりけりですが、安ければ20万円前後ぐらいで、高くても26~28万円ぐらい、繁忙期だと30万円前後というように通学の時よりもかなり金額が安くなっていることが分かります。それだけではなくて、交通費の支給もしてくれることが殆どなので、学校までの移動の際にもお金がかからないというのはこれから免許の取得を考えている人にとっては費用の節約にもなります。少しでも安く学びたいという時にも合宿の利用を検討するというのは賢い手段といえるでしょう。