免許合宿で免許を取得するメリット

免許合宿で免許を取得するメリットは、多数あります。もちろん宿泊を伴いますから数十万円という多額の費用がかかりますが、それを補ってあまりあるメリットがあります。まず、入校日に合わせて、卒業予定日が予め決められています。このため、短期集中で必要なカリキュラムをこなすことができます。通学免許でありがちな「予約が取れないのでなかなか教習が進まない」ということが無いようにカリキュラムが工夫されていますので、あまり予約に煩わされず教習を進められることもメリットです。そして現地は旅先でもありますから、他の教習生と友達になったり、現地の事情を知ることができることもメリットです。通学免許では得られない、非日常の体験をすることができ、人生において貴重な経験を得ることができます。

短期集中で必要なカリキュラムをこなせます

免許合宿の最大のメリットは、最短の時間で必要なカリキュラムをこなし、卒業証明書を受け取ることができるということです。時間を節約したいとお考えの方に最も適しています。技能教習は毎日、しかも一日2回、2時間受けることが前提です。最短時間でカリキュラムをこなすために合宿している訳ですから当然です。そのため、予約を優先的に行えるようにしている教習所もあるようです。また、教習所の近くに宿泊している訳ですから、通学の教習生が避けがちな朝一番の時間帯から教習を受けられるということも魅力的です。学科教習も毎日行われます。技能教習に合わせて仮免許取得に間に合うように、そして卒業検定に間に合うように効率的に組まれます。このため教習生には予め、学科教習を受けるべき日と時間を指定します。技能教習はこれ以外の時間で受けることになります。

旅行先ならではのさまざまな出会いがあります

免許合宿といっても、そこは旅先です。普段の生活では得られない様々な出会いが、あなたを一回り大きくしてくれることが期待できます。まず、免許合宿生同士で仲良くなることが期待できます。お互いに大学生ということが多いものです。年齢が近く、目的を同じくする者同士、自然と仲良くなることでしょう。合宿が終わっても友情が続くということも少なからずあります。現地の道路事情や風景を知る良い機会にもなります。自転車貸出可能という教習所もあります。路上教習で走る道路を自転車で走ってみると、良い復習にもなります。そして周辺が緑多い環境ならば、眺めの良い景色と美味しい空気が、教習の疲れを癒してくれます。もう一つ、現地の文化や歴史を学ぶこともできます。せっかくなので、博物館に行ってみましょう。教習所の教官や職員は、その多くが現地出身や現地在住です。博物館で学んだことを職員にお話しすると、会話もはずみ、よりスムーズに教習を進められます。