免許合宿で免許を取得するのにかかる日数

自動車の運転免許は18歳から取得することができますが、高校3年生で運転免許を取得する人は少なく、多くの人は大学に在学中に自動車学校に通い、運転免許を取得するようです。やはり、長い夏休みや冬休みがあるので、その間に運転免許を取得してしまいたいと考える人が多いのでしょう。社会に出てから運転免許を取得するというのは確かに簡単なことでありません。では、自動車学校を卒業するまでにはどのくらいの日数がかかるのでしょうか。通常、自動車学校に通って教習を受ける場合は、1か月半から3か月程度の日数が必要です。これはかなり長い時間なので、下手をすると夏休み中に免許を取得できない可能性もあります。ところがわずか2週間で卒業する方法があるのです。それは免許合宿に参加することです。

1日でも早く卒業したい人たちのために

免許合宿というのは、自動車学校が指定する宿泊施設に合宿しながら、短期間で集中的に運転技術を学ぶことができる教習方法で、平均2週間程度で卒業が可能です。これは普通の通学に比べると、半分以下のスピードで卒業が可能ということになります。そのため1日でも早く卒業したいと考えている人にはおすすめなのです。ただ、早く卒業ができる分、教習スケジュールはかなりタイトで厳しいことが予想されます。教習は午前と午後に分かれ、その合間には学科の学びが入ってきます。スケジュールは予め決められており、勝手に変えることはできません。したがって、仕事がある人や学校の授業があるときなどは、参加することが実質上できません。そのため合宿の参加者は大多くが学生がとなるわけです。

卒業までの日数には個人差がある

免許合宿は最短で2週間程度で卒業が可能ですが、やはり個人差はあります。教習がうまくいかない、あるいは学科がわからないとなると、なかなか卒業することができなくなる可能性があります。期間中、仮免試験や卒業試験がありますが、これに合格しないと次にすすむことができません。具体的には仮免試験に合格しないと路上教習に出ることができませんし、卒業試験に合格しないと文字通り卒業することができません。そのため免許合宿中のフリー時間などはしっかりと学科の勉強を行うことをおすすめします。また、技能に関しては慣れが必要で、感覚で覚えるしかない面もあります。ただ最近はほとんどの方がAT車免許を取得します。これはMT車免許に比べるとかなり簡単なので、よほどのことがない限りなんとかなることでしょう。